Welcome to Yakisoba Blog!

皆さんようこそ焼きそばブログへ。
このブログは音楽プレイヤー、スマホ、iOSといったデジタル系や日常生活やアプリ紹介などといったことを扱います!

現在受験生のため更新頻度はあまり高くありません、ご理解とご協力をお願いします。

岡南地区!au 4G LTE VS docomoXi!@テザリング

カテゴリ:
皆さん!ようこそ^^

久しぶりの投稿になります。理由は受験です!
明日発表があり、それがかなり待ち遠しいというようなときの投稿ですw
(私はマイナスな方を信じるので恐らく無理だとは思いますがw)

◆Wi-Fiテザリングで徹底比較

今回は用意したものは…。
・iPod touch 第5世代(手持ち@テザリング先)
・iPhone 5c(docomo&au版@デモ機/テザリング元)
・RBB TODAY SPEED TEST(iPod touch側にDL済み)

店はエディオンの岡山岡南店です。住所は岡山県岡山市南区新福。
なお、テザリングはWi-Fiテザリングです。Bluetoothテザリングもありますが、遅いので比較することはできません。
それでは!まずは…auから!
IMG_4210

流石800MHzLTE&安定したauのLTE回線ですね♪
PINGがやや高いのが気になりますが、下りも安定しており上りもなかなかいいので7GB制限すらなければ固定回線としてもそれなりに使えそうです。
なお、別サイト(YBB ADSL speed test)で測ってもほぼ同じ速度でした。なお、1.5GHz対応のZ Ultraは下り42Mbps、上り7Mbpsとこちらもかなり安定していました。
岡南地区や岡山市街地は全体的にauのLTEが安定している気がします。
ただ、3Gは論外です。1xになるような状況でとても3Gは使い物にならない感じでした。LTEがめっちゃ好感度&高安定性なだけに残念でしょぼすぎます。

次にdocomoです。
IMG_4211

やはり予想はしていましたけど、docomoのXi回線はダメダメですね。
ここはiPhoneは下り最大100Mbpsとなり、関係は薄れますが、下り112.5Mbpsエリア(我が家はこの4月に下り75Mbpsエリアになります。)ですが、この程度しか出ないのであれば本当にハナシになりません。
また、ヤマダは近くに2店舗あり、よくいくバイパスを4つ走らせたとこへあるヤマダは通信エラーがでて通信すら困難です。数値的にはソフトバンクが少し高いですが、このヤマダでの体感速度はau>>>>>>>>>>ソフトバンク>docomoです。
なお、ソフトバンクは割愛していますが、テザリングができない&重たいサイト制御のコントロールで水増し感があり、数値がアテにならないからです。ヤマダのスピードテスト結果なんて本当にいい例です。
その店はauが下り18Mbps(1.5GHz対応機は下り28Mbps)、ソフトバンクが下り24Mbps(4Gのみ対応機は下り5Mbps)、docomoが下り3.5Mbps(Androidは下り6.5Mbps)ですが、ここもソフトバンクは不安定な予感がします。
なお、docomoではFOMAも測定しました。こちらは下り3.5Mbps、上り0.4Mbpsと基地から3㎞くらい離れたADSLくらいの速度でした。Xiは上りがそれなりに出ていたのがかなり救いな気がします。

◆最後に

今回の結果は如何だったでしょうか?
多少の地域性や地域差はあるかとは思われますが、auの回線は全体的に偏りが少なくバランスが取れた様子です。機種も今後補充させ出遅れを見せたauが倍返しするというような期待もかすかにしています。
また、3Gは遅すぎますが、LTEのエリアは膨大ですから、かなり安定しているかと思います。
一方のドコモも一気に4月以降開通させるというのがエリアマップからうかがえましたんで、今後はauに加えドコモにも期待したいところですし、機種もXiロゴが派手なのが惜しいところですが、素晴らしいものが多く選択肢が多いので機種面でもまだまだ期待はできます。iPhoneが出たため力は少し抜けつつありますが、それでも他社に比べ癖の少ない機種ばかりということで好転が持てます。
最後に、ソフトバンクはあまり期待はできません。つながりやすさNo.1と謳っていますが、本当にこれって田舎や地方も見て言っていますか?どう見ても見ていない気がしますし、それだから評判が落ちるわけであってそれで失ったような信頼性は帰ってこないはずです。
ソフトバンクもCMは面白くて好きですが、そうする間があるんだったら山間部にも広げるべきでしょう。
昔からソフトバンク=繋がりにくいというイメージがありますが、いまだに残っていますね。それを少しでも軽減させる戦略とはいえ、逆に信頼性を失ってしまいます。
けれども、機種では力を入れつつあり、AQUOS Phoneは他社よりも進化しており、EDGESTのおかげでスマートさもたっぷりです!

それでは(*^_^*)/

LG G Flax LGL23!

カテゴリ:
先程のZ Ultraに加え、もう1つauの2014年春の目玉の1つです!

画面までアークした湾曲スマホです。これは現時点ではLGだけで、Xperiaのアークを超えて画面までアークしていてあまりにも画期的ですね。
ある意味アンチLGや嫌韓の人が勿体ないような気がします。Xperia Z Ultraはまんべんなく持ち味を生かしていますが、これはこの画期的なデザインに目を引かれること間違いなしなので持ち味という以前に目が引かれてしまいますね!
電話も本体がラウンドしているのでしやすそうですし!

*料金表

料金表です。こちらはしょーやさんが運営されていらっしゃるどこブロさんからお借りしてきました。
引用先→
http://dokoblo.com/archives/36566923.html
917f89f6
どうやらこの表のもとのページにありますが、これは消費税抜き価格だそうです。
なお、価格からするとZ1よりも実質負担額は減っています。(Z1は消費税込みで30240円で、これは消費税込みで21170円です。※5%)


*公式ページ


pic_imagecolor_04
LG G Flaxメーカーサイト

この湾曲アークデザインは誰が見ても目を引く感じですね!
img10
色はブラックだけですが、ブラックだけでいいと思います!
逆にカッコ良さが引き立ち、重厚感が感じられていいと思います。塗装にも凝っている感じで、NECのパソコンに一時期採用されていたスクラッチリペアに近いですね。
深い傷は消えませんが、浅い傷なら時間がたつにつれ消えるそうですね。

とりあえず、この機種もZ Ultra同様auが売りたいツートップに入るのではないのでしょうか?
むしろ、Z Ultraよりも人によっては魅力があるような機種に仕上がっているでしょうし、何しろスクラッチリカバリーという浅い傷が消える塗装のブラックがかっこよく湾曲ラウンドデザインによく引き立つ感じに仕上がっていますね。

Xperia Z Ultra SOL24!

カテゴリ:
今回の2014年春スマホの発表された1つの機種です。

私が最も注目している機種で、Wi-Fi版もあります。
なお、Wi-Fi版の場合ブラックとホワイトが通常で、パープルがSONYストア限定カラーです。
ただ、パープルはLTE版のZ Ultraで実機が見られるので限定だとはいえ色にそれほど心配する必要はありませんね。
個人的にはパープル以外の色が限定カラーに新設してほしかったけど、パープルが限定カラーでもSONYファンの方はお分かりだとは思いますが、VAIOのような色合いなので逆にSONYストアではパープルがよく売れるのではないのかな?と思います。
まあ、LTE版があるので普通ならLTE版を皆さんは買われるとは思いますが。
今回、Wi-Fi版はグローバル版リアがそのままで、Z Tablet(Wi-Fi版)にはなかったテレビが搭載されLTE版との違いはリアがLTE版はau SOL24というようにひっそりロゴが採用されているかグローバル版まんまかの違いとLTE&WI-FIかWi-Fiのみといった違いですね。

料金表です。こちらはしょーやさんが運営されていらっしゃるどこブロさんからお借りしてきました。
引用先→http://dokoblo.com/archives/36567234.html

2efb2c11
どうやらこの表のもとのページにありますが、これは消費税抜き価格だそうです。
なお、価格からするとZ1よりも実質負担額は減っています。(Z1は消費税込みで30240円で、これは消費税込みで21170円です。※5%)


*公式ページ
hero
LTE(au版)Xperia Z Ultraのメーカーサイトより。

SGP412JP
Wi-Fi版XperiaZ Ultraのメーカーサイトより。

リアのデザインが微妙に違うのが分かります!
また、Wi-Fi版にも受話器の跡が残っていますが、おそらく通話には使えないので飾りになってしまいますね。
ちょっと残念ですが、プチキャリアスマホ/タブレット気分が味わえますね。

*本気が伝わるポップ!
original_z_ultra_004
キタ――――――――――――――!!!
SONYさんね!凄くを売るホンキが感じられます!!
画像もワザとかっこよくきりっとした表情を見せているので、本当にいいことだと思います。
オマケにサイドまでフル紫だというのが限定!というのを意識していますね。Z1のサンドイッチデザインもまた味があっていいけど、紫の一体感が出たUltraもまた一味違ってカッコいいですね。
LTE版や、黒もありますが、Z1などと同じなのと、これといって画像にすることがないので割愛します。

とりあえずZ UltraはZ1に負けないくらいSONYの持ち味と本気が出ていると思います。
流石にZ Ultraではタブレット志向の味付けなのでカメラはZ1ほど性能が高くなく、Gレンズではないといった残念な点はありますが、その代わりにIPS液晶となっており家族で楽しめそうですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×